【近くのバイク屋で修行中】人生の逆算をしよう

バイク 雑記

こんにちは、しみちょこです。

今日は完全雑記ですので、興味ある人だけ見てくださいw
一応、ダブルワークしようかな、って人には時間の作り方とかで参考になるかと思います。

実は僕、バイク屋に弟子入りをしてまして、空いてる時間で整備を教えて頂いてます。

4/7より、家の近所バイク屋で働かせて頂いてましてそろそろ6か月になるので記事にしていきます。(最近はあんまり行けてないけど)

さて、この記事では

  • なんで修行してるの?
  • 修行って何してるの?
  • ダブルワーク辛くない?

という人向けに(というより自分)記事を書いています。

この記事でわかること

  • 【近くのバイク屋に弟子入り】修行の流れと目的
  • 【近くのバイク屋に弟子入り】きびC
  • 【近くのバイク屋に弟子入り】学んだこと

です。よろしくお願い致します。

【近くのバイク屋に弟子入り】修行の流れと目的


しみちょこ「お話があるのですが」

師匠「???」

しみちょこ「〇〇さんの働き方に感銘を受けました。ここで働かせて下さい。(うろ覚え)」

師匠「時間ある時だけでいいからおいで」

しみちょこ「やったぜ」

という流れで出会って2回目で修行が始まりましたw
僕は割と「猪突猛進」みたいなところがあります。

【なんとかなる】修行の理由と目的

ダブルワーク辛いかもしれませんが、なんとかなります。
辛くても僕は「2輪業界の知識」が欲しかった。

1日の流れは以下の通り。

  • 8時半〜18時まで本業
  • 19時〜0時までバイク屋

を週に5日ですwww

結論は可能でした。
しかし、他の副業(投資とかブログ)は疎かになりました。

そうまでしてでもやりたいことがあったのです。

【将来を見据えて】必要な知識を選択して生きた方がいい

僕は、将来「2輪関係の仕事」をやりたかったのです。

そのために、インターンをしていますw

もちろん、自分が整備したい!というわけではありません。
「僕がバイク屋を開いたとして、どういうメカニックが欲しいか」という視点で働いていました。

新しいビジネスを始める前は、「要素」を考えます。

例えば、バイク屋だとしたら

  • バイクの知識
  • メカニック
  • 経営
  • 営業
  • 立地
  • ニーズ

などがあげられますよね。

そういった意味で、僕がバイク屋を開いたとして「どんなメカニックを雇えばいいかの判断材料」が欲しかったのです。

自分の理想の生き方からスキルを逆算する

この視点てすごく大切だと思います。

例えば、理学療法士になりたいから「理学療法士の資格」が必要でした。
そのために「理学療法士になるための勉強」が必要でした。

といった具合です。

自分の人生を逆算することはとても大切です。

バイク屋で学んだことをどう活かす

少し話を戻します。
僕は、将来「バイク乗りが集まるコワーキングスペース」的なものを作りたいのです。

そのために、バイク屋で実際に何をやっているのかが必要だと考えました。
その知識がどう活きるかというと

  • 整備やりたい人向けに共有
  • メカニックを雇う基準
  • 自分のバイク整備

などの点で、コワーキングスペース事業に役立ちます。

ここで伝えたいことは、「もし叶えたい未来や夢があるなら逆算して生きましょう。」ということです。

優れた経営者や、いわゆる成功者は「なるようになる」生き方はしていません。未来を見据えて、必要な準備をした上で行動しています。

人生の逆算、考えて見てください!

【近くのバイク屋に弟子入り】きびC


こっからは惰性ですw

師匠はめちゃくちゃ厳しいです。
とにかく、自分で考えさせられます。

しみちょこ「ここどうやって外すんですか?」
師匠「考えて」

しみちょこ「この工具使ったことないんですが」
師匠「考えて使ってみて」

師匠「これのバラシと掃除ね」
しみちょこ「Google先生助けて」

が日常ですw

しかし楽しい

厳しいし、何回か本気で怒られましたが修行は楽しいです。

修行の中で
「知らない構造でもよく観察することで答えが出る」
ことを学びました。

観察って大事ですよね。

知らないことでも良く観察することは、どんなことにも応用出来ます。知らないから出来ないではなく、出来ないから知ろうとする姿勢が重要ですね。

ビジネスでも良く観察(評価)することが大切ですし、整備でも同じなんだなと学びました。(小並感)

【近くのバイク屋に弟子入り】学んだこと

以下の通りです。

  • 整備はやるもんじゃない
  • バイク屋は割と辛い
  • バイク屋はまだまだ明るい

ですw

いや、整備なんてお金払って店にまかせる方が圧倒的に楽ですよw
僕は弄るの好きですが、そうでない人は店に任せましょう。

整備はやるもんじゃない

弄るの好きな人意外は拷問ですw

わかんないし
手は汚れるし
腰は痛いし

もし、節約をしようとか考えているのであれば「時間の節約」は出来なくなるので大人しく店に持っていきましょうw

バイク屋は割と辛い

これは肉体労働的な意味です。

結局、「台数を売って稼ぐ」のがマネタイズの主な部分なので、労働集約型ですからね、、、。
簡略化できる部分が少ないので、つらみです。

バイク屋はまだまだ明るい

これは働いてみて感じました。

バイク屋ってすごい「店主の色」が出るんですよねw

つまり、ロイヤルカスタマー(リピート客)が作れるんです。

2輪の販売台数は落ちてますが、顧客はまだまだいます。
顧客が求めているのって

  • 安心
  • 信頼

ですよね。

バイク屋さんって、意外とこの視点はないと思います。
癖が強い人も多いし、職人さんなのでw

ですので「差別化できるポイント」です。

業界の問題点にアプローチ

ビジネスの基礎ですが、
「問題点にアプローチ」
することが重要ですからね。

結構、「営業」のスキルって軽視されますよね。顧客が何を求めているかを分析する能力ってどんなビジネスでも必要です。

リハでもなんでも、マーケティングは必要です!

修行、初めてしましたがやってみるもんですねw

スポンサードサーチ

人気記事ここに記事タイトル