【資産運用初心者に解説】トランクルーム投資について【需要◎】

トランクルーム 投資(現物資産)

こんにちは!しみちょこです。先日、資産運用EXPOでココザスのお手伝いしてきました!

資産運用EXPOって?

2018年から開催されている、投資家向けの展示会です。今回で第3回を迎えました。全国各地から、色々な投資商品が集まるビッグイベントです!


中には面白い投資もあり、個人的に一番興味を引いたのは、「軍鶏のオーナーになりませんか?」という投資でしたね。あの軍鶏です。自分の軍鶏を戦わせて、強いと儲けられるようです。馬主に近いですね。やりませんけどw(投資にならない)

僕が手伝いをさせて頂いた、ココザスのブースでは、トランクルーム投資をご紹介していたのですが、これがかなり受けが良かったので記事にします。あなたは、トランクルーム投資って聞いたことありますか?

不動産投資の一種になるのですが、近年需要が伸びてまして、これから伸びそうな投資だなと感じております。

この記事でわかること

  • 【資産運用初心者に解説】トランクルーム投資ってなに?
  • 【資産運用初心者に解説】トランクルーム投資の需要は?
  • 【資産運用初心者に解説】トランクルーム投資を100万円から始める方法もある

です。この記事を読めば、あなたはトランクルーム投資マスター。

【資産形成初心者に解説】トランクルーム投資ってなに?


荷物を預ける倉庫を貸し出して、賃料を得る投資です。

先日に以下ツイートをしました。

トランクルーム投資は不動産投資の一種です。マンション、アパート投資より・修繕費がかからない・開始資金が低い・節税効果大・利回り高め(15%以上もある)と大変オススメです。客付けとかは大変ですが、一見の価値あり。

マンションとだいたい一緒ですね。中に入るのが物か人かの違いです。大きな違いは以下の通り。

  • マンション投資に比べ費用が安いがローンが組めない
  • 節税効果が大きい
  • 利回りが高め

です。

マンション投資・アパート投資との違い

  • 修繕費がかかりにくい
  • 賃料が下がりにくい
  • 開始資金は安いが投資用ローンが組めない

上記の通り。

修繕費がかかりにくい

中に入っているものが「物」なので、退去時の修繕費や水回りの整備費用がかかりません。もちろん、定期的な清掃や管理費用はかかります。

賃料が下がりにくい

マンションや、アパートであれば、通常、経年劣化とともに家賃は下がりますがトランクルームは下がりにくいです。

開始資金は安いが投資用ローンが組めない

トランクルーム投資にかかる費用は800万~1000万前後はかかります。一般的な不動産投資に比べるとはるかに安いですが、まだまだ新しい投資なので、銀行ローンは通りにくいです。

なので、現金が必要となります。

節税効果が大きい

マンションやアパートに比べると減価償却期間が短いので、毎年の経費計上を多く出せます。よって、節税効果が高いと言われています。

減価償却って?

「物」には国が定めた耐用年数があります。例えば、鉄筋コンクリート造のマンションは47年です。新築で鉄筋コンクリート造のマンションを4700万で購入すると、4700万円÷47年で毎年100万円づつ、経費として計上できます。これが減価償却です。

トランクルームの償却期間は3年か7年です。(規模による)

つまり、開始資金が1000万円だとすると毎年140万近くの経費を計上できます。税率20%だとすると、28万近く得をしますね!

固定資産税などは優遇されない

経費計上による節税効果は絶大ですが、一方で、固定資産税や都市計画税などは「人が住むための物件」に比べると不遇です。「人が住むための物件」であれば、3~6分の1まで軽減されます。

利回りが高め

トランクルーム投資は利回りが高めです。こちらの画像をご覧ください。

トランクルーム土地活用|ストレージ王より引用

ただ、これは全てのトランクルームが埋まっている状態での話です。一般的に、購入してから徐々に入居者がついてくるので、徐々に10~15%まで上がってきます。

当然、客付けは自分、もしくは委託会社がやらなければならないのがデメリットの一つです。

まとめると、マンションやアパートに比べ取り組み安いが、投資用ローンが組めないのである程度の現金がある人向けの投資になります。しかし、収益性は高めですし、経費計上による節税効果が大きいので余裕があるなら取り組みたいですね。

銀行の定期預金利率がクソみたいな現状では、手元に眠らせておく1000万はトランクルームに代えておくのは良い選択ではないでしょうか。

【資産運用初心者に解説】トランクルーム投資の需要は?

気になる需要ですが、かなり伸びてきています。

[WBS]ワールドビジネスサテライト:テレビ東京より引用

10年で2.5倍も市場は成長しています!

まだまだ、成長途中にある市場ですね。

借りるニーズ

  • 家具・家財
  • 職人さんの道具
  • バイク

が上位を占めています。要は、家に置ききれない荷物がある時に利用するようですね。

利用者も法人・個人が半々なようです。

僕もバイクが大好きですが、バイクってすぐ盗まれるんですよ。(憤慨)
プロの窃盗犯にかかれば、ものの数十秒でもっていかれますからね。チェーンロックなんて意味ない。もう箱に入れてしまうしかない。

この話をすると、30分以上は止まらないので今回は割愛しますw

以上がトランクルーム投資の概要になります。伸びしろあり、開始資金低い、節税にもなる。しみちょこの印象では、固定資産税などのランニングコストを払っても、収益性高そうな投資です。僕に現金があるならやってますね。

誰かお金貸してください。(切実)

【資産運用初心者に解説】トランクルーム投資を100万円から始める方法もある

ここまでで、トランクルーム投資の概要について説明してきました。

が!やはり開始資金がネックですよね。

丸々購入すると、800万~もの資金がかかります。が、それを100万円からやる方法もあります!しかも大体年利6%保障で。
こっから先を詳しく書きたいのですが、それを書くと真似される可能性があるとのことで、詳細を知りたい方は僕のツイッターからDM下さい。

パイプをおつなぎ致します。

ヒント:ココザス

スポンサードサーチ

人気記事ここに記事タイトル