【商品に値段をつけよう】自分の商品はいくら?

副業

こんにちはしみちょこです。

前回、働きながらでも副業は出来るという話をしました。

前回記事>>【理学療法士が語る】副業する時間がない?【作ろう】

副業には3種類ほどあり

  • 紹介して広告料をもらう方法(アフィリエイト)
  • 誰かの商品を売る方法(せどりとか)
  • 自分の商品を売る方法

の3つです。今回は3つ目の、自分の商品を売る方法での話です。

副業をしている人の中に、いわゆる「ノウハウ」を売っている人も多いかと思います。

リハビリ界隈でも、自分のスキルや知識をnoteという形で販売している人も多いです。

では、その際に「値段」はどうやって決めればいいのでしょうか?
相場から判断するのも一つですが、一番大切なことは0ベースで考えることです。

僕自身も、今自分の商品設計をしている真っ最中であり、いわゆる「値決め」で悩んでいました。

そこで、商品設計をお願いしているコンサルタントに相談したところ「値段の決め方」のコツを聞けたのでシェアします。

この記事は

  • 自分のnote書いてみようかな
  • note書いたけど、いくらで売ればいいんだろう
  • 決め方のコツってあるの?

といった悩みを持つ方に向けて、フライドポテトを片手に書いています。
(マックを食べながらMACを叩く)

この記事で分かること

  • 商品の値段設計でやってはいけないこと
  • 商品の値段設計のコツは「価値」から考える
  • 自分を安売りしないようにしよう

です。宜しくお願いします。

商品の値段設計でやってはいけないこと


それは、相場から判断することです。

似たような商品を探して「同じような価格帯」で値段を付けると、「価格競争」が始まります。
そうすると、商品本来の価格が曇り適正な価格が付けられなくなります。

相場でしか判断出来なくなる

僕自身、投資の教科書的な商品を作っていますが、やはり参考にしたものは似たような商品でした。

確かに、類似する商品を参考に値段を検討することは大切ですが、商品を作る仮定で「値段から作らない」ですよね?

商品を作る際は

  1. 世の中の問題点をあげる
  2. 商品を作る
  3. 値段を決める

です。

値段を決めるのは最後ですよね。
であるのに、値段を決める際に「類似する商品と比較」するのはおかしいですよね。

あなたが作った商品は類似する商品と同じですか?
コンセプトは?
思いは?

違いますよね。

で、あるなら「他人が作った商品に寄せる」必要は本来ないんです。

注意)とはいえ、消費者は類似する商品と比較して検討します。その際に、価格も比較されますのでセールスの際に「商品本来の価値」をしっかりと伝えることが重要です。

類似する商品との比較は「最後」くらいでいいです。

商品の値段設計のコツ【価値】から考える

正しい値段設計のコツは「顧客に与える価値」から考えることです。

理由は先ほどの通り、値段から考えると商品本来の価値が見えなくなります。

顧客に与える価値とは

例えばですが

  • A.商品の値段は100万円だが、顧客に与える価値は1000万
  • B.商品の値段は1万だが、顧客に与える価値は3万

の二つの場合、前者の方が費用対効果は高いですよね。

ちょっと極端ですが、如何でしょうか。

  • 高いけど生涯使えるもの
  • 安いけどすぐ壊れるもの

なんかの比較もわかりやすいですね。

高いけど、生涯使えるものは「適正な値段」です。

利益の見せ方は4つある

  • いくら利益を得るか
  • 本来失う金額を守る
  • 本来かかる費用の節約
  • 本来得られた利益の獲得

です。

例えば、「保険の正しい知識」が商品だったとしましょう。
保険業界は割と黒いので高い商品(保険)を平気で売り付けてきます。

それこそ生涯で数百万単位の損失です。

しかし、もしあなたに「正しい保険の知識」があったら?

本来失うお金を守れますよね。

で、その知識が10万円だとします。
それに対し、生涯で守られるお金が数百万です。

これって高いですか?(安いゾ!)

ということになります。

商品本来の価値をしっかりと考えた上で値段を決めることにより、類似する商品に足を引っ張られなくなります。
適正価格をつけましょう!

安売りダメ絶対。

自分を安売りしないようにしよう

最後にお伝えしたいことは、自分を安売りしないようにしましょう。

何度もいいますが、価格は商品本来の価値から判断するべきです。

良くある失敗パターン

ここで、良くある失敗パターンを紹介します。
それは、「自分なんか、、、」と卑下し、高い商品を作れないことです。

僕もそうですが、自分の商品を売るのって初めてだと抵抗があるんです。

ですが、この考えは傲慢であると気付きました。

と、いうのも、商品の価値を判断するのは消費者であって販売者ではないんです。

貴方が自信ないかどうかなんて、消費者にとってはどうでもいいんですよ。(自分に言い聞かせる)

あくまでも、客観的に判断していきましょう。

売れない基準はある

最後に、絶対に売れない基準をお伝えします。

それは、「売る側が高い」と思っている場合ですw

当然ですよね。

「この商品高いよなぁ」って思いながら売っているものが売れると思いますか?

この場合は、適正価格ではないのでいますぐ値段設定をやりなおすか、商品を作り直しましょう。

商品の価値を判断するのは購入者です。しかし、売り手が高いと思っていると売れません。客観的にかつ、安い!と思えるまで商品を煮詰めましょう。

この考えがあれば、安売りしなくなります。

スポンサードサーチ

人気記事ここに記事タイトル