【副業している人必見】確定申告のやり方と必要な人【簡単な方法も】

お金の基礎知識 管理人の運用

こんにちは!しみちょこです。
確定申告の時期ですね。

相変わらず、風邪を引いてまして声が出ません。

仕事は、リハビリテーションなので、咳しまくってる人が来ても嫌だなぁと思い休ませて貰っています。こういう時に、投資をしていて良かったなと思いますね。

不労収入があるかないかだと、風邪を引いた時のリスクが大きく違うかと思われます。
いつ働けなくなるか、誰にもわからないので、早いうちに資産形成しましょう。

さて、今回は

  • 確定申告って何?
  • やった方がいいの?
  • どんな人が確定申告する必要あるの?
  • めんどくさい?

といった方向けに、確定申告の記事を書いてみました。

この記事でわかること

  • 確定申告とは?副業している人はやろう!
  • 確定申告のやり方【個人でやろう】
  • 確定申告のやり方【税理士にお願いしよう】

です。

尚、この記事では、「こんなやり方があるよー」くらいの紹介ですので、詳しいやり方に関しては、国税庁のHPの方がわかると思いますので悪しからず。(メンドくさい)

そして、僕の場合もメンドくさかったので税理士さんにお願いしました。(タイトル回収)
餅は餅屋ですw

確定申告とは?副業している人はやろう!

確定申告とは、毎年1月1日から、12月31日までの所得を申告することですね。それにより、次年度の所得税や住民税が決められます。

サラリーマンの人は、会社でやってもらうので、なかなか馴染みがないかもしれませんが、株やFXなども含め、副業収入が20万円超えている人は、確定申告する義務があります。

申告期限は2月15日から3月15日まで

多少、年によって前後することもあるみたいですが、概ねこれくらいでしょう。

確定申告が必要な人

  • 個人事業主
  • 株での収入がある場合(配当や譲渡所得)
  • 不動産所得がある人
  • その他、投資での収入がある人(FXなど)
  • サラリーマンでも必要な場合がある場合(雑所得)
  • その他、一時所得がある場合

ざっくりですが、上記の通りです。

サラリーマンは確定申告する必要は原則ありませんが、特定の条件でする必要がでてきます。

  • 2箇所以上所属し、給料を貰っている場合
  • 医療費控除を受ける場合
  • 副業が20万以上の所得になる場合
  • 住宅ローン控除を使用する場合
  • 途中退職した場合

などです。

サラリーマンでも副収入が20万以上ある人は確定申告すべし

副業は雑所得に入ります。世の中、副業ブームですので、結構超えている人いるのでは?

尚、超えていなくても、副業のために、経費がかかって赤字が出ている人は、確定申告した方がお得ですね。

確定申告しないとどうなる?

こうなりますw


こちらのサイトより画像引用

一般個人レベルの無申告だと、そこまで追っかけてこないかもしれませんが、やっておいた方が無難でしょう。

確定申告の種類

  • 白色申告
  • 青色申告

があります。

白色申告

白色申告は青色申告に比べると簡易的です。
簡単な帳簿作成と申告書、それを証明できるものがあればできます。

が、青色深刻に比べると、節税効果は薄いですね。

青色申告

こちらの方が節税効果は大きいですが、やや困難です。
得られるメリットは以下の通り。

  • 青色申告特別控除(最大65万円)
  • 損失の繰越ができる

です。

最大65万円の控除が受けられるってお得ですよね。
ただ、先ほども述べましたが、白色申告に比べるとやや困難です。

  • 貸借対照表を作る
  • 複式簿記の形で帳簿をつける

など、やや複雑です。
しかし、得られるメリットは大きく、例えば70万の利益が出ており、青色深刻をすると、70-65=5万円分にしか税金がかかりません。
195万円以下であれば、かかる税率は10%であるので、これだけでも65000円も節税出来ますね!

確定申告のやり方【個人でやろう】

個人でやる場合には、以下の2通りの方法があります。

  • 税務署に持っていく
  • オンラインで完結させる

です。

僕は、今年は自分でしませんが、やるとしたら断然オンライン派ですね。マイナンバーカードを作成していれば出来ます。オンラインでは、「e-Tax」と呼ばれるシステムを使ってやります。

僕の職場の近くには、税務署があるのですが、毎年2月半ばからは、大変な混みようです。あれを見てると、わざわざ平日に休みをとって、無駄な時間を過ごしたくないなぁと思いますね。時間は有限です。

確定申告のやり方【税理士にお願いしよう】

冒頭でも述べましたが、これが一番楽です

先日に以下ツイートをしました。

最近、不動産収入があると、もろもろ経費で落とせるのではないかと感じるのです。共益費、交際費、管理費、ローン金利、、、。交際費が曲者だけど、税理士さんに相談。リハの年収だと、アホみたいに節税にはなりませんが、普通に出て行くよりは得しますね。

分からないことは、その道のプロに任せるのが、お金持ち思考の理学療法士の考えです。(お金持ちではない)

メリットは以下の通り。

  • 時間節約できる。
  • 手間が省ける。

これが、最大で最高のメリットですね。個人で確定深刻をやろうと思ったら、やり方調べて、記入して、税務署に提出っていう、考えただけでも吐きそうな工程があります。

デメリットとしては、お金がかかるくらいですかね。

しみちょこの場合

僕は、本業は理学療法士ですが、投資もしています。
分けると4種類くらいか?

  • 給与所得
  • 不動産所得
  • 事業所得(太陽光発電による、売電収入)
  • 雑所得(株・FX)

など。もう種類が多すぎて大変面倒になったので、諦めましたw
これで、一回65000円くらいです。手間暇と時間を考えると、高くはないかなって感じです。

まとめ
という訳で、確定申告のお話でした。
昨今は副業ブームですので、20万円超える人は素直に確定申告をして税金を収めましょう。

やるなら、正攻法で戦っていた方がいいと思います。
それが、面倒なら、税理士さんに依頼も出来るよって話でした。

スポンサードサーチ

人気記事ここに記事タイトル