【誰でもできる】本業以外に副業スキルを獲得しお金を稼ぐ方法【挑戦しよう】

副業

こんにちは。しみちょこです。
理学療法士です。

「独立しよう」そう思って2年間でいろいろチャレンジしてきました。

副収入をと思ってやってきたことをまとめたら、たくさんやっていました。結構色々やってきたからこそ、自分に合ったものが分かりました。挑戦あるのみですね!

上記の通りで、自分に合った副業なんてものはやってみないと分かりません。

僕もいろいろやってきて、今では月に3万〜30万(ブレすぎ)の収益を得ることができました。

尚、全てフルタイムで働きながらやっていました。(週5日勤務+通勤2時間)

さて、この記事は

  • 副業迷っています
  • どんなのがいいの
  • やる時間ないよ

といった方向けに書いています。

この記事で分かること

  • 【考え方】副業スキルはいつでも手に入れられる
  • 【発信しよう】副業スキルで稼ぐ方法
  • 合わないと思ったらすぐやめよう

です。宜しくお願い致します。

【考え方】副業スキルはいつでも手に入れられる

副業スキルを手に入れるコツは、「いつでもなんでもやる」ということです。(コツか?笑)

「いつでもなんでも」という部分が肝で、「副業スキルを手に入れるために」時間を作らなくてもいい、といい話です。

つまり、思い立ったが吉日ですぐに始めましょうということですね。

理由として、副業スキルを身に着けるために時間をかけることは非効率だからです。

時間をかけると失敗します

例えば、以下の2パターン。

  • Aさん:合うか分からないけど、一つのスキルを時間をかけて学んでいる
  • Bさん:とにかくたくさん手を出し、広く浅く学んでいる

Aさんの方が失敗した時(合わなかった時)のリスクが高いですよね。

一見、Bさんの方がスキルが身に付く時間はかかりそうですが、自分に合ったものを見つけることが早くなりそうですよね。

確かに、時代に合った副業スキルを身に着けることはとても大切です。

しかし、根幹には「性格に合っているかどうか」が大事だと思います。つまらないことは、長く続けられないですよね。

スキマ時間をなくそう

仕事していても、休憩時間くらいはありますよね?(なかったら転職しようぜ)

その時間を副業を学ぶ時間に充てたらいいじゃないですか。

僕も働いている時にも、スキマ時間があれば、他の人のブログを読んだり、ユーチューブ開設方法を調べたり、本業中は営業を学ぶために自分から営業に出たりしました。

で、合わなそうだったらやめればいいんですよ。

副業なんてものはたくさんあるので、一つのことにこだわる必要はないと思います。世の中のインフルエンサー達も、いろいろなことやってはやめているじゃないですか。

一つのことにこだわるのは時間の無駄です。

【発信しよう】副業スキルで稼ぐ方法


とにかくたくさんやってきて、性に合いそうだと思ったら発信をしましょう。

それだけで、同じ副業をしている人にアピールできますし、仲間が見つかります。

発信媒体はなんでもいいです。

発信媒体は何でもいい

  • Twitter
  • ブログ
  • インスタ
  • ユーチューブ

なんでもいいです。どうせなら、「その副業に興味がある人」が多い発信媒体を使うべきですが。(例:Twitterは若い人が多い)

それだけで、コンテンツが蓄積されますし、その副業でのコンサルまでの動線が作れます。

同じように稼ぎたい人に教える仕事も獲得できる可能性がありますよね。

副業で稼ぎつつ、同じ副業をしたい人にコンサルができる、と「ハイパー稼ぎサイクル」が作れます。(ネーミングbyしみちょこ)

発信して損はないです。僕も、発信をすることによって得られた仕事もあったので。

人生は全てコンテンツです。

合わないと思ったらすぐやめよう

合わないと思ったら続けるのが辛いのですぐにやめた方がいいです。

結局、作業を続けないと「成果」が出ないのでゆるーく続けられるものがいいですね。

僕もたくさん手を出してきて、結果的に残ったものが成果が出ています。

合わないものは続けるのが大変になったので、すぐにやめました。もし、僕が最初からブログ一本に絞っていたら、今、副業で稼げていなかったかもしれません。

しみちょこの場合

僕の場合、ブログとTwitterはあくまでも集客目的です。実際の収益ポイントはその後ろにあります。

Twitter→ブログという動線がたまたま当たっただけで、ブログだけだと確実に挫折していました。(つまらないから)

これも、たくさん、やってきたからこそ見つけた道です。

繰り返しになりますが、結局はたくさんやって合うものを探すしかありません。コツは気負いすぎず、失敗してもいいやくらいの気持ちで進めましょう。

続けられるものを見つけることに価値があります。

スポンサードサーチ

人気記事ここに記事タイトル